研究用自動合成装置

ホーム > 製品情報 > 研究用自動合成装置

研究用自動合成装置 COSMiC-Compact 24XX

特徴

  • 流路をあえて縦型に配置することで装置の設置面積を縮小し、ホットセル内の限られたスペースを有効に活用
  • オールディスポーザブル資材の使用により交差汚染の原因となる要因を排除
  • 試薬入出ポート部のモジュール化により、試薬を吸入したシリンジの配列を自在に設定できるフリーアクセス化を実現
  • 試薬入出ポートの増設を可能とする三方活栓拡張モジュールに差し替えることで、より複雑な標識反応にも対応
  • 合成シークエンスの修正(追加・変更・削除)が容易
  • 基本流路となる三方活栓、反応容器、試薬入りシリンジ等、資材の着脱が容易

仕様

一般名称
自動合成装置
装置形式
COSMiC-Compact 24XX
構成
  • 制御盤(PLC)
  • 制御PC
  • LANケーブル
  • 制御ソフトウェア(専用アプリケーション)
  • ソフトウエア動作条件:Windows7(32bit・64bit)

装置仕様

本体寸法
235w×640H×400D
温度設定
室温~+200℃(PID比例制御)
加熱方式
圧縮空気を用いたエアーヒーター
反応容器
1mL~15mL
自動制御
温度、真空、加圧、流量、時間等、条件どおりに動作
その他
RI検出器、スターラー機能

お問い合わせ

精密機器事業部
TEL:0438-63-7322
FAX:0438-63-7619
E-Mail:nbs_skb@nmp.co.jp

このページの先頭へ